失敗しない子供の集合写真の撮り方

最低限のカメラは用意する

学校などであればプロのカメラマンに依頼することが多いですが、子供会などであれば素人が写真係になることもすくなくありません。そういった場合にはまずどういったカメラを使用するかという問題になりますが、やはり最低限のカメラは用意する必要があります。最近のデジタル一眼レフは素人でもそれなりの写真が撮れる上に、撮影方法がカンタンになっているものが増えています。そういったカメラを使用することで素人でも見栄えのする集合写真は撮りやすくなります。

室内での撮影は避ける

集合写真を撮影する場合に注意したいのは撮る場所です。初心者の場合は特に室内での撮影は難しいので出来るだけ避けて晴れた外で撮るのが理想です。と言うのも、室内の場合においてはなかなかカメラのオート機能で良い写真を撮るのは難しくなります。室内の明るさや照明なども考えなくてはならなくなるので、屋外で自然の光を使って撮るのが無難となります。もちろん、屋外で撮影する際には逆光などにならないように撮影場所も意識することが大切です。

有ったほうが良いアイテムとは

集合写真の撮影時に有ったほうが良いアイテムとはどういったものがあるのかというと、まずは何と言っても三脚です。素人の場合、手持ちで位置を固定して撮影するのはかなり難しい作業になりますし、三脚があればピント合わせなどに意識を集中することができるので失敗しにくくなります。また、小さい子供の写真の場合にはカメラのレンズに注目させるアイテムが有るといいでしょう。プロがよく使用するのはぬいぐるみなど子供が集中して笑顔になりやすいものです。

インターネットが普及した現代は学校写真の注文は自宅からでも可能となっていて、家族と一緒に購入出来るといったメリットがあります。

Related posts