ご祝儀内で結婚式をする方法とは

結婚式にかかる費用を知っておく

結婚式は一生記憶に残る大切なイベントになりますが、当然その分費用がかかります。その費用はある程度ご祝儀で賄うことが出来ますが豪華にすればするほど自分で手出しする金額も高くなります。出来るだけ費用を安く抑えるためにはかかる費用の概要をしっておかなければなりません。まず全ての物に費用がかかります。披露宴を含めると式場代、ドレス、花などの装飾物、ケーキや料理などの食べ物、引き出物、プロフィールビデオなどの演出が主にかかる費用になります。この事を踏まえた中で出来るだけ安く出来るようにしなければなりません。

結婚式を出来るだけ安くする方法

赤字を出さないためにもご祝儀内で結婚式をする方法を考える事が大切です。昔はご祝儀の相場で3万円が当り前でしたが最近では2万円の人も増えています。ご祝儀で結婚式をする場合はまず若い人を多く呼ぶよりある程度ご祝儀を出してくれる年配の方を多く誘うことが大事です。そして料理のオプションを抑えることやプランを一番安いものを選びましょう。費用を抑えたからといって質素になるわけではありません。また演出も手作りで微笑ましいものにする工夫も大事です。このようにある程度切り詰めるとご祝儀だけで結婚式を行うことが可能です。

結婚式の費用を安くするための工夫

最後に結婚式を出来るだけ安くするための工夫についてです。まず演出はプロフィールビデオを除いてお金のかからない演出をしましょう。例えば今はフラッシュモブなどが流行っていますがダンスを突然踊るという演出は費用もかからず、また参列者に協力してもらうことで盛り上がるため人気です。また結婚式に必要な物は知り合いに頼んだりして費用を抑えることも出来ます。ただし引き出物や引き菓子を外部から取り寄せる場合は別途費用がかかる会場もある為注意が必要です。このように工夫して手作り感があると通常よりも盛り上がったり満足できる場合もありますので全てにおいてお金をかける必要はありませんので覚えておきましょう。

結婚式を安くしたいのであれば、家族や親せきのみを招待するのがいいでしょう。友達を呼ぶのであれば、親しい友達のみにして、会場もホテルの宴会場やレストランを貸し切って行った方が安く済みます。

Related posts